ペニス増大サプリの効果で本気で巨根

安いペニス増大サプリの効果が低いワケは性能も低いから【正論】

ペニス増大サプリ 本当のこと

最初に言っておきますが、安くて増大や勃起効果が高いサプリは存在しません!
なぜなら増大サプリに限ったことではありませんが、値段と性能は比例しているからであり(もちろん全てではありません。高いのに性能が低い危険サプリ多数存在します。)、増大サプリの場合には性能と効果は比例しています。
つまり性能の高さで効果の高さも決まってきます
自身の7年以上の体験やそれまでに関わってきた多くの交流者の意見とも一致しているので間違いありません。

安いペニス増大サプリの特徴

ここで言うペニス増大サプリの性能とは、成分構成や成分数、タイプ、増大構造や特徴、飲む錠数などのことです。
全て購入前にわかる情報です。

なお通販で存在するペニス増大サプリの価格は約5000円から約14000円の間です。
なので安いという定義は1万円以下が妥当でしょう。
ちなみに効果や性能が高いと言われているペニス増大サプリの値段は、見事に全て13000円辺りです。

それでは安いペニス増大サプリの特徴を見ていきましょう。1つでもあてまればおすすめできません。

成分数が少ない

成分数が少ない
成分種類の多さは増大サプリの性能の中でも特に重要視されています。つまり最も効果に直結する要素なのです。
増大サプリの効果は成分同士の相乗作用で高まるので、多い方がこの相乗作用力は高まります。
この相乗作用力は増大力や即効力、健康力など全ての効果に影響してきます。

安い増大サプリは30種以下であることがほとんどです。
成分数は60種から100種あたりがベストです。
ただし成分数が多い場合は、3タイプになっている必要があります。1タイプに成分を詰め込み過ぎると逆に1成分あたりが微量となりマイナス効果です。

シトルリンやアルギニンなど1成分に特化

シトルリンやアルギニンなど1成分に特化
これは6000円辺りの増大サプリに多いのですが、シトルリンやアルギニン、マカやクラチャイダムなど特定の成分がメインとなっているものです。
成分数は10種以下、ほぼアミノ酸や植物系のみで構成されてることが多く、言わば健康サプリクラスです。

増大サプリの効果は成分数だけでなく、何で構成されているかも重要です。
ペニス増大効果には増大構造上、アミノ酸、植物系成分、動物系成分、ビタミン・ミネラルの全てが必要です。
なので成分数が少なかったり、1成分に特化すれば必然的に何かが欠けます。

さらに詳しく

動物系成分がなし

動物系成分がなし
上の内容とかぶりますが、成分数が30種あたりであっても動物系がなしということはあります。
増大や勃起など精力効果に対する成分種類の重要度は
ビタミンミネラル<アミノ酸<植物系成分<動物系成分
となっています。
つまり増大効果を出す上で絶対欠かすことのできない成分が動物系なのです。
成分数が60種以上であれば確実に必須なものは配合されています。

1タイプ(錠剤またはカプセル1種)

1タイプ(錠剤またはカプセル1種)
調べた中で安い増大サプリはほぼ100%で錠剤またはカプセル1種の1タイプです。
3タイプと1タイプでは増大構造や増大効率が全く違います
3タイプはそれぞれが目的をもって構成されており、体内で混ざり合うことで高い相乗作用を発揮し効果を高くします。
1タイプでは複雑な増大構造を組み込むことは難しく効率が悪すぎです。

それぞれの成分量も減らさずに済むなど、1タイプと比べると大きな差があります。
3タイプであれば、成分数も60種以上になります。

1日1錠【危険度MAX】

1日1錠は危険
安い増大サプリにたまに存在しています。
1日1錠というのはこれまで体験してきた中でも特に効果や実感が低いです。
1日1錠だと必然的に1タイプになります。
1タイプの効果の低さに加えて、1錠のみというのはかなり厳しいです。

飲み方によって効果を上げる方法で、「用法を超えて飲む」という技がある通り、錠数が効果に影響することは確かです。
明らかにコストを浮かせて製造した表れでもありますね。

さらに詳しく

海外産

海外産の増大サプリ
海外産の増大サプリは1万円以下の安いものばかりです。
そして1タイプ、成分数が10種程度、アミノ酸や植物系で構成されており、見事に性能の低さが一致していました。

海外産はまれに日本ではサプリへの使用が禁止されているヨヒンビンなどの劇薬指定の成分が使用されていたり、そもそも精力メインではなく筋力や体質改善を目的としたもの、日本人向けではないものなので、性能どうこうの前におすすめできません。
海外産の増大サプリは効果が高そうというようなイメージは全くの間違いですね。

さらに詳しく

【参考】 【厚生労働省】強壮用健康食品への注意喚起(写真付)

まとめ:ネット上の嘘に惑わされないように

ネット上の嘘に惑わされないように
最初に言ったように安くて増大や勃起効果が高いサプリは存在しません
それは増大サプリの歴史を見ても明らかです。

昔は1タイプしか存在しませんでしたが、2タイプ、今では3タイプと進化してきました。また成分数も10種程度から100種以上と進化しています。
当然、この進化に対する研究、コストも大幅にかかっています。開発側も全ては増大効果を高めるためでしょう。
普通に考えても、入っている錠数が多ければ値段は上がるでしょう。成分数も同じです。
1タイプや成分10種が効果が高いのならば、10年以上の歴史において進化する必要はなかったはずです。

そして見事に、1万円以下で3タイプ、成分数60種以上は存在していません。これが全ての証拠です。
ネットでは「成分数をかさまししてるだけ」「値段が高過ぎるだけ」などの声がありますが、これはアフィリエイターが自分が売るべきサプリを良く見せる為の、苦し紛れの嘘なので惑わされないように。

値段が高いのに性能が安いものと同じレベルのペニス増大サプリ

値段が高いのに性能が低い増大サプリ
参考までに値段が約1万円以上でも安い増大サプリと同じような性能(1タイプまたは成分数30種以下)のものをまとめました。

ヴォルスタービヨンド

ヴォルスタービヨンド

ヴィトックスα extra eddition

ヴィトックスα extra eddition

リペニア(REPENIA)

リペニアの効果と性能の評価

  • 1タイプ、成分約80種
  • 12800円
  • 成分数が多い付加価値は評価できます。値段、性能を上回るまでのプラス要素かは微妙。
  • ★★★

ペニブースト プレミアム

ペニブースト

ギムロットα

ギムロットα

シドルフィンEXハイグレード

シドルフィンEXハイグレード

アプソルシン

アプソルシン

シトルリンDX

シトルリンDX

ブラビオン

ブラビオン

1タイプでも成分数が多いものがあります。これはマイナス軽減要素というか30種以下のようなものよりはマシです。
ただし上でも言いましたが、成分数の多さは相乗作用力を高める役割があり大きなプラス要素ですが、1タイプに成分数を詰め込み過ぎると1成分辺りの量が微量になり効果に影響してくるので、必ずしもプラスというわけではありません。
それを最大限に活かせられるのが3タイプです。

ランキングサイトや比較、口コミ、体験談サイトなどで有名なものばかりです。
広告費やアフィリエイト費用、その他宣伝費にお金がかかり、安く製造高値で売って採算を合わせてるのかもしれません。

ペニス増大サプリの性能・効果ランキング1位はグライバル【2019最新】

ペニス増大サプリの性能・効果ランキング1位はグライバル
増大サプリの性能と、自分含め交流者達が使用して最も効果と評価が高かった最新のランキング付けではグライバルが1番でした。
グライバルは増大効率が最も良く、高性能の条件でもある3タイプの最新盤

成分数は約60種ですが、100種以上の成分を含んだものと同等、あるいはそれ以上に相乗作用力を出す為、あえて増大に必要なものに絞って質量を高めています。
また増大構造は集中作用に焦点を当てたのと、状態維持という独自の構造で増大効率は圧倒的で即効性や増大力も極めて高い。
体質や年齢も考慮された万人性もある最新技術を駆使した増大特化型。

グライバルは成分や構造、タイプなどの性能、配合などの技術面において、海外産はもちろん国産の他と比べ最高峰だということです。
2か月で2cm以上の増大報告も多く万人性も高いです。

安いペニス増大サプリの性能を完全に上回ってるのは確かですし、上の広告などで有名なものと比較しても値段はほぼ変わらないのに明らかに性能・効果は上回っています

さらに詳しく

コメント