ペニス増大サプリの効果で本気で巨根

本物のペニス増大サプリを解説【偽物との違いや見極め方】

ペニス増大サプリ 本当のこと

本物のペニス増大サプリとは何なのかについてまとめます。効果があるものと言ってしまえばそれまでですが、増大サプリには20年近くの歴史があり、語られてきたことも多くその中で熟練者やマニアと交流してきた情報から本物の定義みたいなものは確かにあるので解説します。

本物のペニス増大サプリとは?

本物のペニス増大サプリとは?
わかりやすく偽物を解説すると共に本物がどういったものなのか説明します。
ペニス増大サプリと呼ばれるものの共通点と健康サプリや筋肉や活力サプリなどとの違いとして挙げられるのが「成分ないしその構成」です。

効果の目的が違う

市販サプリの効果は勃起や健康
例えばコンビニや薬局など市販で販売されてるようなサプリは主にシトルリンやアルギニンなどのアミノ酸を主体としています。
また元気や活力、精力に焦点を当てたものはマカなどの植物、すっぽんなどの動物成分を主体としています。
そして配合されてる成分の数は約10種前後であり、故に値段も2000円から5000円と安いです。
まとめると、成分数が少なく、1成分を主体または偏りがあるということです。
ペニス増大サプリには決まった構成がある
一方、ペニス増大サプリとして通販で販売されてるものは、基本的にアミノ酸、動物、植物、ビタミン、ミネラルで構成されてます。長い歴史から「増大効果」はこれらの成分種類で成り立つとされ必須なのです。これが定義にもなってます。(なぜこれらの成分で増大が成り立つのかは他記事を参考にしてください。)
成分数は20種から100種超えと多く、他にタイプ数なども違います。性能によって値段が違いますが、多くは13000円くらいします。

つまり目的効果や開発自体が前者は勃起や活力、健康であり、後者はペニス増大ということです。
目的が違うのでカテゴリー違いです。ただ増大サプリには前者の成分種含まれるので健康などの効果もあります。

偽物は増大に便乗しきただけ

偽物は増大に便乗しきただけ
これらの背景を踏まえると偽物とは、市販サプリレベル(成分数が少ない、偏りがある、安いなど)なのに増大サプリの名を語っているということです。
今でこそ性能の差は大きいですが、昔は成分数も20種程度、1タイプしか存在してなかったのでその価値の差に気づきにくかった。またシトルリンが増大成分として有名になったせいで、それさえ入っていれば売れると低性能なものが多く生まれていったんですね。未だに多く存在します。
健康サプリレベルであっても何か精力成分が入ってれば、誇大広告やアフィリエイターによって増大効果があると促されていたわけですね。

研究や開発など根本が違う

研究や開発など根本が違う
また開発費や製造コストが格段に違うと言われています。
高性能の増大サプリの場合、数年かけて複雑な増大構造や理論の研究がなされ開発されていきます。ちんこをデカくさせるということは難しいことですがそれ以上に「血流量を一時的に増やすなど体の負担となる精力作用を毎日飲み続づけながら健康状態を維持、向上」させるのは至難なことなのです。
多くの成分数やタイプ数を要すればそれだけ複雑になりますが、それだけ成分個々の効果にも期待できるし、成分同士の相乗作用にも期待できます。
単純に勃起、健康を目的としたサプリとは根本的に違いますね。

ペニス増大サプリには本当の本物が存在する

ペニス増大サプリには本当の本物が存在する
では偽物以外が全て本物と呼べるのか?と言うとマニアや熟練者の間ではそうではありません。なぜなら現状偽物はごく一部であり、増大サプリの定義にあてはまっても増大効果がないものや低いものがあるからです。
自身の10年以上の体験や信憑性のある実践比較サイトを見ても、効果がないもの、あるものとの差は歴然です。
その差とはまぎれもなく「性能」であり=効果と結論付けられています。
主に成分の数や構成、タイプ数(錠剤やカプセルなど)です。(このブログの多くの記事で語っているので参考にしてください。)

さらに詳しく

成分数とタイプ数の重要性

成分数とタイプ数の重要性
先に言った通り、成分数やタイプ数が増えればそれだけのコストがかかっており、効果を上げる為に色々なことがなされています。
単に配合や製法などの技術進化だけで効果が上がるのであれば、成分数やタイプ数が増えるなどの進化はなかったはずです。これらを増やすことは莫大な開発費となります。そうまでして効果を上げる為に増やしたことを考えると、成分数やタイプ数多いことがいかに重要かが見えてきます。

特にタイプ数が増えれば必然的に成分の種類や量が増え効果的になるのは明白です。現状3タイプが最高峰となりますが、3種それぞれに目的を持って分けるなど1タイプには不可能な効率化を計れます。
実際、効果がなかったものや低いものは全て1タイプであり、逆に高かったものは3タイプです。

なので選ぶ際、広告に惑わされてもタイプ数だけに着目してもいいくらいです。
性能に着目することは効果を謳うこととは違って、購入前にできることであり騙されずにすむことからも価値があります。

3タイプのペニス増大サプリ

3タイプのペニス増大サプリ
2019までに通販で存在している3タイプのペニス増大サプリは

  • グライバル
  • ボルギア3
  • バリテイン
  • ゼクナール
  • グロスリンα

のみです。実践でも1タイプと比べれば大きな効果があったのも確かです。なのでこれらは本当の本物と呼ぶにふさわしいと言えるでしょう。

全て効果は同じではなく、成分構成や増大構造の違い、新しさ古さによる技術差、推している特徴に違いがあります。
例えばバリテインは溶けやすく即効性に着目した生タイプ、ゼクナールは浸透性を重視などです。

2019年の本物の中の1番はグライバル

2019年の本物の中の1番はグライバル

そしてこの中で最も増大効果や即効性が高かったのが3タイプの中で最新のグライバルです。
唯一成分数は約60種と少ないですが、逆に増大特化に絞ったことにより増大構造的に100種同等またはそれ以上の相乗作用力があるのと状態維持や集中作用に特化する付加価値要素もあります。それによって即効性や万人性も高めています。交流情報からは2か月で2cm以上の増大報告も多く支持されておりおすすめです。
2019年までに存在するペニス増大サプリの中で本物を1つ選ぶとすればグライバルです。

広告でよく目にするヴィトックスαやヴォルスタービヨンド、ブラビオン、ペニブースト、ギムロットα、シドルフィンEXなどは全て1タイプです!
アフィリエイターが多いので有名というだけであって、性能は高くないので注意です。絶対に有名=効果ではありません!

昔より明らかに進化し全体的に性能が上がったからこそ、その中での「本物」という価値は高いと言えます。

さらに詳しく

コメント