ペニス増大サプリの効果で本気で巨根

ペニス増大サプリの副作用に注意【見分け方の特徴や症状】

ペニス増大サプリ 本当のこと

ペニス増大サプリの副作用は基本的にないと言われてますが、実際はどうなのか7年以上の検証体験や多くの交流情報からまとめました。年々、国産のみならず海外産サプリが蔓延してきているので必ずしも安全ではなくなってきています。国産であっても注意は必要です。その症状や見分け方を教えます。

増大サプリに副作用は基本はない

増大サプリに副作用はないと考えてよい
まずペニス増大サプリには基本的にほぼないと考えていいです。
7年以上増大サプリ飲み続けた中で、ほぼ副作用を感じたことはありません。
飲み合せという1日2種のサプリを飲む技や用法を超えて飲んだりもしてるので間違いありません。
むしろ健康的になったと言え切れます。
そもそも、日本の薬事法、日本の薬品と健康食品に対して、世界中で最も厳しい基準を設けているが故に、安易に副作用を引き起こすような、激しい成分、また限界配合値を超えた含有量での販売は認められてないためです。

しかし厳密に言えばサプリによります。
10年くらい前と今の増大サプリでは製造技術はもちろん、成分やその質などあらゆるもが違います。

  • 成分が10種くらいだったのが100種超え
  • 錠剤やカプセルの種類が1タイプから3タイプ

など確実に進化していき、安全性や質は高くなってきているのです。

副作用が起こりやすいペニス増大サプリ【見分け方】

10年くらい前の増大サプリは、成分数や構成などの性能が低く、今より研究し尽されたものではありません。
また海外産の増大サプリも日本より圧倒的に性能が下回り、更に海外独自の成分が配合されていたり危険な点も存在します。
この2点にからめて、見分け方を詳しく説明します。

海外産が最も危険

副作用が起こりやすいペニス増大サプリ
1番注意が必要なのはアメリカや中国などの「海外産」の増大サプリ。

海外産は日本ではサプリへの使用が禁止されているヨヒンビンやシルデナフィルなどの劇薬指定、医薬品成分が使用されていたりするので、人体や健康被害の副作用の危険が極めて高いです。

厚生労働省では日本での流通防止や使用を防ぐために、毎年複数の個人輸入代行サイトなどから実際に購入して

  • サプリメントと称するものに医薬品成分が含まれていないか
  • シルデナフィルなどの医薬品成分の量が多くないか

など調査しています。そして有効性及び安全性の確保等に関する法律に基づく承認がされていない製品に対し、HP上で注意喚起を行っているのです。
厚労省の言っていることを一言で言うと、「そもそも海外産の医薬品や精力剤(サプリ含む)と称されるものを個人輸入代行で購入するのは止めておきなさい、副作用がヤバい可能性がありますよ」ということです。
【参考】 【厚生労働省】強壮用健康食品への注意喚起(写真付)

ペニス増大サプリをネットで検索してても、ヨヒンビンやハマビシ(トリビュラス)など日本で配合禁止の海外産が簡単に見つかる場合があります。それらの成分を知っていれば海外産、危険!と気づきますが、知らなかったらアウトですよね。簡単に見抜くには購入フォームなどに「海外から発送」となっていれば海外産です。増大サプリと称して販売してるパターンもあるので注意。

正直、勃起効果はバイアグラのように確実性が高いものですが、

  • 日本人向けに作られてない
  • 副作用の可能性大
  • 国産でない成分が配合
  • 特定の成分の量が多い
  • 品質が粗悪
  • パッケージ記載の成分と実際に配合されている成分が異なる

など多くの危険があります。自分の「体に合わない」事が効果なしや副作用の大きな要因になるので注意しましょう。

さらに詳しく

国産でも注意が必要

増大サプリは国産であっても副作用の注意が必要
次に国内産、日本産であっても、「精力系成分のみで配合」されてるもの。
特にサソリやすっぽん、蛇系など動物系メインで構成されてるものには注意です。
勃起などの精力的効果は高いですが、植物系やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど健康的な緩和する成分もないと安全ではありません。
軽い頭痛や腹痛、動悸、高揚感などの原因となります。
これは古くて、成分数が10種前後、値段安いサプリに多いです。

特に昔のものにこういった構成が多いですが、今でもその頃と性能が変わらないものは数多くあるので注意しなければなりません。

そもそも「サプリで増大」する増大構造自体、何かの成分に偏ったものではなく、アミノ酸、動物系、植物系、ビタミン、ミネラルの相乗作用によって成り立つと考えられています。
通販で出回る増大サプリは、商品名が英語であっても、ほぼ日本産なので、基本的に安全です。

それと【100%純国産品】などと謳っているものがありますが、基本的に全てそうなので、これはプラス事項ではないです。
成分質や配合や製法技術などサプリ自体の性能は年々上がってきており、それに伴い安全性や健康力も高まっていますが、同時に低品質の古いサプリや海外産サプリの露出も際立ってきているので注意してください。
ペニス増大サプリは新しく性能が高いものを選べば、副作用の面だけでなく効果面でも間違いありません。

さらに詳しく

まとめ

まとめると、副作用のある増大サプリの見分け方は

  • 新しいか古い(発売時期)か
  • 成分が偏っていない
  • 海外産は避ける

ことに注意していけば大丈夫です。

考えられるペニス増大サプリの副作用の症状

ペニス増大サプリの副作用の症状
所詮サプリです、なので症状も深刻なものでないです。
あるとすれば、頭痛や頻尿、下痢、高揚感くらいです。
そのレベルも低いもの。
ただ本来「健康」というかプラスになるものが、健康を害するマイナスになるのは納得いきません。

コメント